ルアー 渓流

桧枝岐川(実川)※岩魚(源流キャンプ 2020/09/18-19)

投稿日:2020年9月18日 更新日:

渓流釣りのシーズンも終盤

今回は、いつメンで念願の源流キャンプです。

前日まで、どこに行こうか迷いました。飯豊連峰や朝日連峰等の大物で有名な場所にも行ってみたかったのですが、装備や登山時間、そして天候など、いろいろ考慮した結果、桧枝岐の実川に行くことに。

ブログで調べてみると、それほど険しい場所もなく上流に上がっていけそうで、渓流沿いに林道もあるということで、比較的安全かと判断。

平日に休暇を取得して宇都宮市内に3:30集合。約2時間30分の道のりを経て、現地に到着です。

前日は、準備に時間を要したり、飲み会だったり、仕事で遅くなったりと、3人ともほとんど寝ていない状況(笑)

それでもオジサン達は気合いが入っております。

車を七入駐車場に止めて準備完了。

出来るだけ荷物を軽くするよう、荷物が重複しないよう調整したつもりでしたが、こんな感じです(笑)

とにかく重い(笑)

準備編

毎回、少々危ない思いもしているので、念のため、今回は、ザイルとスリング、カラビナを準備。

使い方をネットで調べた程度の素人なので懸垂下降など本格的な使い方は絶対にしませんが、ちょっとした急斜面や段差の安全確保に使えればと思って準備しました。

この8mm×10mタイプを購入。


120cmタイプと180cmタイプを準備


2個準備しました。
持ち物は、事前に共有し分担しましたので参考までにのせておきます。(笑)

【持ち物計画】
・テント、タープ、寝袋、マット、シート※タープの下用、ナタ、ノコギリ、ナイフ、ヘッドライト(各自)、卓上ライト、バーナー、ガス、鍋セット、飯ごう、皿、食器、包丁、まな板、はし・ホーク・スプーン・コップ(各自)、蚊取り線香、防虫ネット(各自)、焚き火の上におく金網、防寒着・着替え、サンダル(各自)、水(各自)、ライター

【持っていかない物】
・テーブル、椅子、着火用ガスバーナー、ガスランプ、ランタンスタンド、クーラーボックス、BBQコンロ、BBQ用串※現地調達

【ご飯計画】
<1日目>
朝:各自
昼:インスタントラーメン※マルちゃん正麺×3パック、ウインナー、ネギ、ワカメ、チャーシュー
夜:Iスペシャル
宴:かわきもの、アルコール(各自)、ウイスキー、日本酒、米4号

<2日目>
朝:米と夜の残り
<その他>
・調味料(塩、胡椒、味の素、醤油、油、コンソメ、わさび、除菌シート、キッチンペーパー、サランラップ

釣り1日目

まずは、林道で上流を目指しますが、荷物の重さに慣れず、よたついてしまいます(笑)

林道は、すぐに通行止めになっており、黄色のテープが。。。

その先は、林道が崩壊していました。

少し怖いですが、草の上にはふみ跡があるので、そこを歩いていきます。

しばらく歩くと入渓しやすそうなポイントが出てきたので、早速入渓。ルアーを投げながら上がっていきます。

今日の目標地点は、黒溶沢出会あたりと考えていましたので、まだ先ですが、平日で他に人もいなそうなので、のんびり行きます。

すると、Aさんがチビ岩魚がヒット。針を外してすぐにリリース。

幸先が良いです。少し水が濁っているようでしたが、気にせず進みます。

するとAさんにまたヒット!!!今回の一番の大物(28cm)がでました。これは夜の食料としてキープです。

一気にテンション上がります。

そして堰堤。この堰堤の滝つぼもいい感じのポイントで少し粘りましたが出ません。

ここは、少し戻ったところから左に巻き、踏み跡を頼りに藪を漕いで林道に戻ります。

そして、林道を進むと、またもや崩壊箇所。ここも先ほどと同じように端っこを慎重に進みます。

また、川が林道に近づいた来たところで、入渓。

ここで、しばらくルアーを投げたところで、お昼休憩に。

お昼は、ラーメンです。トッピングにネギ、ウインナー、チャーシュー、もやし、野菜。美味しくできました。

 

ご飯を食べてからもキャンプ目指して進みます。

Aさんが良型2匹目、Hさんも良型をそれぞれゲット。もはやどれが誰が釣った写真かわからなくなったのでとりあえず載せます。

ごつい堰堤?

良い感じの渓が続きますが、少し濁りが気になります。

最後の堰堤です。ここは、堰堤の側面にタラップがついていましたので、難なく巻くことができます。

少し段差があったので、せっかくなので買ったロープを出すことに。まぁ、有ったほうが安全だが、なくても大丈夫な角度と段差(笑)

15:00頃には、目的地に到着したので、タープ張って、テント張って、火を起こして宴会突入です!!

夜の部

まずは、お疲れ様でしたーーー!!ということで川で冷やしたビールで乾杯。

ザイルを木に縛り付け、それを利用してタープを張りました。そして、Aさんが最近購入した2~3人用のテントと私の登山用のテントです。。

岩魚は焼いて食べることに。落ちている木をナイフで削って串にして差します。

一番大きいのと3番目に大きいのがAさん、2番目に大きいのがHさん、一番上の小さいのは私です(笑)

ま、全員釣れたのでよかったです。

そしてHさん調達の肉、肉、肉。 岩魚もいい感じに焼けてきた。

飯ごうと米を持ってきていたので、岩魚の炊込みご飯を作ってみることに。

米に醤油と日本酒、ほんだしを入れて焼いた岩魚をいれて炊きます。

初めチョロチョロ、中パッパ、最後は何だっけ??とか話しながら、米を炊きます。

そして、岩魚ご飯の出来上がり。

しかしながら、出来た頃には、お酒もまわったし、お腹も一杯(笑)

明日の朝ごはんとすることに。

最後に背負ってきた日本酒を熱燗でいただき、早めの就寝。

釣り2日目

2日目は、荷物をデポして釣り上がるか、荷物を持って釣り上がるか、迷いましたが、林道に上がって、別ルートを戻ることを想定し、荷物を持って行くことに。

大木がネコソギ倒木している箇所がいくつかありました。通過するのが少し怖いですね。

そうこうしているうちに、Aさんか、いいサイズをあげます。

Aさん絶好調(笑)

コルジュ帯、、なんとか突破を試みましたが、装備不足なこともあり、巻くことに。

ここの高巻きが、結構しんどかったですが、若干の踏み跡ありました。結構危ない場所だったかな。

その後、遅めの朝ご飯を食べることに。昨日炊いた岩魚ご飯を温めます。

豚肉焼いて・・・ウインナーを茹で・・・

酒のつまみの残り焼き鳥を加熱して、さらにはミートボールも・・・

朝から肉・肉・肉(笑)

食後は、脱渓場所を探しながら釣り上がるもなかなかみつからず・・

やむを得ず、獣道的な踏み跡を頼りに、20分程度の藪こぎ&急勾配、、なんとか林道にたどり着きました。

その後、荒れた林道を2時間程度歩いて駐車場へ、そしてそのまま道の駅「尾瀬檜枝岐」へ。「尾瀬檜枝岐」

温泉に浸かり、疲れを癒してました。

楽しかったオジサン達の冒険は、これにて終了です(笑)

次は何をしようかなぁ

-ルアー, 渓流
-

執筆者:


  1. コウ より:

    いやぁ〜源流キャンプお疲れ様でした!
    高巻きするポイントがいくつかあり、隊長が行けるって言った時は、マジっすか⁈と思ったけど、何とかなりましたねぇ
    また来年行きやしょー♪( ´θ`)ノ

  2. コウ より:

    いやぁ〜おつかれさまでした!めっちゃ疲れたけどサイコーでしたねぇ。次はどこ行きましょか⁉︎

nbak へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鉾田サーフ:1回目

ソゲ1匹とロストルアーをゲット 2月14日(金) 今日は長女の大学受験の関係で有給休暇でしたが、試験予定が明日に順延になったため、1日フリーに・・・ 予報では波・風ともに落ち着いていそうなので、いざ出 …

渡良瀬川支流(神子内川)※岩魚① 山女魚①

今日は、午前中休暇をとって渡良瀬川上流の神子内川へ。 初めての足尾町漁業協同組合管内。 今まで知りませんでしたが、日光市内側から国道122号線の日足トンネルを抜けると、宇都宮市内の自宅から意外と近い( …

霧降川:1回目 ※岩魚③ おまけで大谷川 ※岩魚②

今週は、霧降川へ行ってきました。 【天気】くもり 【気温】14℃~17℃ 【水温】12℃ 今回も、登山道沿の渓を見つけて探索してみました。 という事で、まずは山歩き。 行きたかったルートがいきなり立入 …

渡良瀬川支流(松木渓谷)

夏本番ですね。 今回は、いつメン(笑)で前回に引き続き足尾地区の渓へ。 19ashiomachi 最近、我らが釣り隊は、ボーズ続き・・・汗 悔しいので、Aさんの提案(ブログによるリサーチ)で、いつもよ …

中禅寺湖:6回目※レイクトラウト②(56・44cm)

今日は、午前中休暇を取り中禅寺湖へ。 天気:雨→曇り→小雨→晴れ 気温:12℃ 準備 前日にルアーを準備。ヤフオクで大量購入したMTレイクスやRAIGAも残り少なくなってきました。 まずは、一軍 MT …

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930