フィッシング フライ ルアー 渓流

霧降川:2回目 ※岩魚①

投稿日:2020年6月27日 更新日:

今日は、イツメンで霧降川へ

【天気】曇り

【気温】17℃~22℃

【水温】11℃

堰堤目指して

いつものように前日の夜に集合後、駐車場で軽く宴会してから車中泊。

朝4時に起床して準備。

梅雨時期なのと、早朝であることから気温は低め。

まずは登山からスタート。

前回少し迷った山道も2回目ということで、20分ほどで、すんなり渓に到着。

目的地が前回釣った堰堤だったので、あまり途中のポイントに時間をかけずにスタスタと登山道を進みます。

堰堤に行く途中に、大きな滝があります。

前回は、そこでルアーを追ってくる影を見たので、今回は、同行したHさんに最初に攻めてもらい、自分は手前の流れ込みでフライを流してみることに。

 

と、間もなくHさんの声。。

小さいですが岩魚が出てくれました。

その後、しばらくルアーを投げるも出てくれなかったので、ささっと場所を移動することに。

次は、目的の堰堤へ。

登山道を巻き巻きして間もなく到着。

相変わらずいい雰囲気の場所です。

割と開けているので、3人で攻めれるかと思いきや、やっぱり少し窮屈感が。。

10分ほど投げたところで岩魚がでてくれました。

が、針を外したところで、写真撮影前に逃げられてしまいました。

最近、撮影前に逃げられることが続いてます。

その後は、3人ともアタリなしです。

ヤマビルに襲われる

と、ここで事件が起こります。

Hさんの足首に、ヤマビルが、、、それも大量に。

鮎用のウェーダーと靴の間にあったわずかな隙間から地肌に入り込んだようです。

慌てて取り払うも、大量出血。。。。

なかなか血が止まりません。

※写真は、駐車場に戻ってきても血が止まらない様子

あとからネットで調べると以下のようです。

「のこぎり歯のような歯を持っていて、この鋭い歯で皮膚を切り裂き、鹿などの動物や人間の血を吸います。このとき、歯と歯のあいだから、「ヒルジン」という痛みをなくし、血が固まるのを防ぐ物質を出していて、気付かれなければ1時間以上も血を吸うことができるそうです。」

また、活動時期は以下のようです。

「気温が20度近くになると活動しはじめ、25~30度になると活発になる傾向があるようで、特に雨が多く湿度が高い、梅雨の時期が最盛期」

気が付かないうちに大量に出血するのは、「ヒルジン」という物質が原因とのこと。

また、体に張り付いたヒルを落とすのは、以下が良いとのこと。

・メントール系のボディローションを使って撃退

インターコスメ(旧ギンビ) シーランド 薬用全身ローション 340ml

・食塩水 (かなり濃くしないと効果は低いようです。)

・切れ味の鋭いハサミで切断

家に帰ってから、フィッシングブーツとゲーターを洗っていると、ブーツの中からヒルが3匹ほど出てきました・・・

恐るべしヤマビル、、こわっ!!

気を取り直して

気を取り直して次のポイントへ向かいます。

ヤマビル事件があったので、何となくテンションダウン。

途中の川に入るとまたヤマビルに襲われそうなので、登山道を歩きます。

10分くらいで、目的地の2つ目の堰堤に到着。

まずは、ヤマビルショックから立ち直っていないHさんがキャスト。

私は、別の流れ込みでドライフライを試します。

Aさんは、山中で用足し(笑)

まもなくHさんに岩魚がヒット。

その後、私も別の角度からルアーを投げ込むとまもなくHIT!!

これも足元で痛恨のバラシ。。

※同じ場所でシャッタースピードを変えて撮影

この先にもう一か所堰堤がありますが、今回はここでいったん車に戻ることに。

林道を30分くらいかけて戻りました。

場所移動 大谷川の支流の堰堤へ

以前に通過したときに気になった、大きな2段堰堤の2段目。。

通常は段差があって、侵入不可ですが、とても魅力的な深場となっています。

駐車場から近いこともあり、今回は脚立を持参してチャレンジ。

しかしながら、高低差が思ったよりあり、脚立では2段目に侵入できないことが判明。


なので、側面の3mくらい高いところから、3人でルアーを投げ込むことに。

まったくアタリもないまま終了。

場所移動 鬼怒川佐貫堰堤へ

よくブログなどを目にする鬼怒川佐貫堰堤。

ちょうど帰り道でもあるので、寄ってみることに。

初めての場所で、ポイント情報もないまま立ち寄りました。

さすがは鬼怒川本流、水量も多く、流れも速いです。

トロ場を見つけてキャストするも反応なし。

1時間程度投げたところで、眠気が襲ってきたので終了としました。。。

■使用した主なルアー

スミス(SMITH LTD) ミノー D-コンタクト 4.5g 50mm ドジョウ #11

【メール便可】ジャッカル ティモン トリコロールGT 56MD-F (Tricoroll GT 56MD-F) 4.3g 56mm グローアユ ルアー

-フィッシング, フライ, ルアー, 渓流
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鬼怒川水系_川俣地区_源流(2021/5/15)※岩魚⑤~沢靴を新調&転んで竿を折る~

宇都宮市の自宅から約90分。 今回もHさんと釣行。 以前より気になっていた渓です。 前日に雨が降ったので期待大です。 モンベル サワークライマー 今までで2年間履いていた モンベルウェーディングシュー …

湯川:1回目 ※ブルックトラウト②岩魚①

コロナウイルスの影響で解禁が遅れていた湯ノ湖・湯川が1月遅れで解禁しましたので、さっそく行ってきました。 湯ノ湖・湯川について 【湯ノ湖】 湯の湖(ゆのこ)は、日光市の西部にある湖で北東にある三岳火山 …

鱒沢川(南会津) ※岩魚②

最近ボーズ続きなので今回は福島遠征。 昨年は、何度か檜枝岐まで足を伸ばしましたが、今回は南会津地区へ。地形図やブログなどの情報から鱒沢川へ行って見ることに。 鱒沢川沿いには、鱒沢林道があります。地図を …

丸沼

コロナ自粛中ではありますが、中禅寺湖、東古屋湖、湯の湖いずれも閉鎖中なので、丸沼に行ってきました。 今回は友人と2人ですが、密にならないよう別々の車で、前日の夜に現地に集合することに。 22時頃に現地 …

鬼怒川水系K川(5/4)※岩魚②~蛭の渓「A式トゥイッチw」(勝手に命名)で岩魚を釣るw~

鬼怒川水系のK川へ。 同行者は、AさんとHさん。 昨年、Hさんがヒルに襲われた場所です。 釣果は3人で岩魚6匹。 そして、今回はAさんが驚くべき釣法でネイティブ岩魚をゲットします(笑) そこで、勝手に …

カテゴリー

カテゴリー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930