渓流釣り

渓流解禁@田川

投稿日:

3月1日 田川の解禁日

待ちに待った渓流の解禁日、私の住んでいる栃木県宇都宮市の市内を流れる川の「田川」に行ってきました。

田川は鬼怒川漁協の管轄で毎年解禁日にはヤマメが放流され、多くの釣り人で賑う川とのこと。昨年の夏からフライフィッシングを始めた初心者の私にとっては、解禁日に釣りをすること自体、初めての経験でした。

この日は、朝6時から解禁とのことなので、5時30分頃に現地に到着時。その時には、場所によっては、既に土手沿いに車が列を作って駐車してました。

昨年9月の禁漁前に何度か足を運んだときは、釣りをしている人は皆無だったのに・・・

鬼怒川漁協の事前HPにて放流場所を確認していたので、少し出遅れたかな?と思いながら周辺を車で偵察。

下橋?と上橋?の間の比較的車の少ないところに駐車。

早速準備し、6時のスタートを待つことに。

6:00 フィッシングスタート



5:50には準備を終えて、流れが緩く、魚がいそうなポイントを見つけて待っていると、5mくらい離れたところにルアーマンやってきて、隣いいですか?と言いながらルアーを投げ始めていたので、自分も少しフライングだよな?(フライだけに(笑))と思いながらもスタート。

この日は気温が低く、少し震えながらも、開始40分ほどで、ビーズヘッドのニンフで1匹目ゲット。

良型でなかなかのファイトをしてくれました。

7時頃からは、餌師かたが周りに増えてきて、「寒いから食わないねー」との周りの会話をききながらも、2匹目ゲット。これまたなかなかのファイトで興奮しました。

それからは、周りの餌師は、ちょこちょこ釣れるけど、自分には全く反応なし。

フライを変えたり、ガン玉をつけて沈めてみたりといろいろやってみましたが、状況変わらず。

この時期、ドライは厳しいとネットで見たことがあったけど、とりあえずダメ元で、ドライで攻めてみるも反応なし。

周りに人が沢山いるの移動もできず、、、、

もう帰ろうかな。。と思いはじめた時になんと、ドライに食ってきました。。。

ドライに食ってきたというよりは、竿を上げた瞬間に一瞬水面に沈むフライに食ってきた感じw

キターー!!と思いながらも予想しないところで突然ヒットしたので、慌ててラインを回収するも、指がかじかんでいて思うようにラインを回収できず、、もたもたしているうちに足元で痛恨のばらし。ヒぃーー。

その後は無反応が続き・・・

しまいに、対岸からルアーマンがすぐ近くまで寄ってきてジョボっ、ジョボっとルアーを投げてくる始末。

昼には自宅に帰る用事があったので、10:30に納竿し一度帰宅。

15:00に再度、場所を変えてスタートするも当たりなし。

日中気温が上がったせいでしょうか?午前中はほとんど見かけなかったど、夕方はフライマンを何名か見かけました。

まだまだ勉強が足りないかな。

でも、まぁ2匹釣れたのでよかったかなぁ

次は鬼怒川の本流に行ってみたい。





 

-渓流釣り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

アーカイブ

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031