入れ歯を臭いを消す?磨き方の基本

入れ歯磨きの基本

入れ歯の手入れ

入れ歯の臭いを予防するには

 

まず、入れ歯の正しいケアの方法を知識が必要です。

 

あやまった入れ歯の磨き方をしてしまうと

 

入れ歯に傷がついたり

 

汚れが残ってしまって

 

臭の元になるほか、他の歯にも影響がでてしまいます。

 

 

入れ歯を磨くときは入れ歯用のブラシを使用します。

 

 

一般的なタイプ

 

普通の歯ブラシより持ち手の部分が少し大きめに作られていて

 

力が入れやすく大きさの違うブラシが2つついているタイプです。

 

植毛部分が2か所の別れているのは、

 

硬さや形が違うので、入れ歯の大きい分を磨く

 

所と、入れ歯の細かく小さい部分を分けて

 

ブラッシンできるようになっています。

 

 

また、広い面積を磨くときに便利な

 

ハンドルタイプのブラシや吸盤付きのブラシなどもあります。

 

通常の歯ブラシで磨くよりも

 

ブラシ部分の面積も広いので、

 

とても磨く安く使用できると思います。

 

一般的な入れ歯専用ブラシは

 

ドラックストアなどでも購入できます。

 


磨き方の違い

入れ歯の手入れ

入れ歯の汚れは水洗いだけでは十分に汚れは落ちません。

 

入れ歯専用ブラシでしっかりと磨く必要がありますが

 

汚れやすい場所、汚れを見落としやすい場所などがあります。

 

 

部分入れ歯

 

部分入れ歯のスクラブ部分や

 

両側の引っ掛ける金具の場所

 

義歯と歯茎の間、両側の歯と義歯の間に

 

食べカスが入り込んだり引っかかったり

 

しやすいので、細かい部分まで十分に

 

気を付けて磨いてください。

 

 

総入れ歯

 

総入れ歯は通常の歯磨きと気を付ける箇所は

 

一緒で人工歯と人工歯の間と義歯床との境目

 

にヤニや茶渋、歯垢が溜まりやすくなります。

 

また、粘膜部分の義歯床のくぼみにも

 

汚れが溜まります。

 

 

どちらも指で触ってもヌルヌルした感触がないかを目安に磨いてください。

 


磨くときの注意

入れ歯の手入れ

普通の歯みがき粉使用しない。

 

通常に歯を磨くときに使用する

 

歯みがき粉は研磨剤が使用されているので

 

入れ歯での使用はNGです。

 

入れ歯に目では確認できないほどの

 

細かい傷がつき細菌が入り込んでしまい

 

繁殖してしまいます。

 

 

水を張った洗面器などの上で流水で流しながら洗う

 

流水にさらしなが洗う際、手から滑り落ちて

 

入れ歯のは損を防ぐためです。

 

入れ歯は衝撃に弱く、小さくかけたり

 

ひびが入らないように衝撃に気を付けてください。

 

 

入れ歯洗浄剤なども利用して

 

定期的に殺菌も行ってくださいね。