入れ歯の臭いだけじゃない唾液の秘密

入れ歯の臭い対策と唾液

口臭と唾液

入れ歯を付けてから口臭が気になりはじめた。

 

入れ歯をしてから家族に口の臭いを指摘された。

 

 

入れ歯と口臭でお悩みの方が多いようです。

 

 

もし、毎日入れ歯の正しいケアをして

 

歯磨きもバッチリで

 

歯科医院にも定期的に行って

 

歯周病も虫歯対策をされている。

 

それ何に、息の臭が良くならないということでれば

 

 

ご自身の唾液に注目してみてください。

 

 

唾液と、口臭はとても深い関係にありますし

 

唾液はお口の中の環境を整えるためにも

 

とても需要な役割を担っているものです。

 


健康に大活躍の唾液の役割

口臭と唾液

唾液には様々な役割がります。

 

  • 胃を保護する
  • 抗炎症作用
  • 悪い菌を制御する
  • 免疫力を高める
  • 歯を強化する
  • 活性酸素を保護

 

唾液にあるホルモンには

 

血管や、粘膜、臓器、細胞の繁殖に関係するものや

 

皮膚や胃腸粘膜の良くしてくれる作用もあります。

 

サプリメント名でも人気の高い

 

コエンザイムQ10も唾液の中には含まれているんですね。

 


唾液が減ると口臭の原因に繋がる

口臭と唾液

お口の中には普通の状態にしていても

 

約1000〜2000億個の菌が住み着いている

 

言われています。

 

そして、それらの菌の中で

 

不要な菌などを洗い流してくれているのが

 

唾液なんですね。

 

唾液が歯や、歯茎、舌などに着いた

 

菌を殺菌、洗い流すことで

 

口の中の状態を保ち、臭いも発生させないようにしています。

 

 

唾液の分泌が悪いと

 

口の中にある細菌が繁殖して

 

臭いを発生させるとの共に

 

舌苔を増やし

 

虫歯、歯周病などの歯のトラブルも促進させます。

 

唾液の分泌が減る原因としては

 

  • 加齢
  • 噛む回数が少ない
  • ストレス
  • 口呼吸
  • 薬の副作用
  • 糖尿病

 

などがあげられます。

 

また、入れ歯を入れたことで

 

違和感を感じて

 

噛む回数が減少したり

 

ストレスを感じるなどの理由から

 

唾液が少なくなり

 

口臭を悪化させている可能性がありますので、

 

普段から口の中が渇く事があれば

 

口臭の原因は、唾液かもしれません。

 

  • 噛む回数を増やす(良く顎を動かす)
  • 唾液腺のマッサージを行う
  • 歯科医に相談して「人口唾液」などの対処法が必要か確認する
  • 口呼吸をしないようにする
  • タバコ、アルコールなどを止める
  • 水分補給を心がける

 

 

ご参考になさってみてくださいね。