入れ歯の臭いを改善する方法は?

30代で入れ歯になってしまった!!

30代、40代の入れ歯の原因

私が、部分入れ歯を入れた年齢は

 

実は、30代前半なんです。

 

それまでは、あまり歯医者に縁がない生活をしていました。

 

元々、あまり虫歯ができないタイプだったんです。

 

 

今でも歯医者に行けば、

 

歯が丈夫なんで削りずらい。と指摘され、

 

元々歯が固いそうです。

 

 

当時、虫歯があったのですが

 

何の根拠か

 

「私は大丈夫」と思っていて放置していたんです。

 

ところが、

 

妊娠中に

 

虫歯が進行して悪化したのですが、

 

つわりやらで体調が悪かったりして

 

やっと、安定期に入って歯医者に行けたときには

 

手遅れで(歯がかけてしまって)

 

奥歯を1本抜くことになり

 

部分入れ歯を使用することになったのですが、

 

それまでは

 

「入れ歯」は自然に歯の抜けるお年寄り

 

使用するもの、というイメージだったので

 

自分が入れ歯をするとは・・・と

 

複雑な気持ちになっていました。

 

 

特に、入れ歯の洗浄剤を購入するときに

 

私の年代でも買う人っているのかな?

 

と思いながらレジ並んでしました。


部分入れ歯は40代、50代から増えてくる

30代、40代の入れ歯の原因

そもそも、歯は何本あるかご存知ですか?

 

私は今まで、全く意識していませんでした(笑)

 

 

親知らずを含めて 32本です。

 

親知らずを抜くと、何もトラブルがなく

 

全部そろっている状態で28本となります。

 

 

厚生労働省の資料によると

 

年齢とともにトラブルで歯を失い始めるのは

 

40代前半から増え始めてきます。

 

10年後の50代では 26本となっているので

 

3本ほど歯を喪失していることになりますね。

 

 

30代、40代の入れ歯の原因

 

 

厚生労働省の調査によると

 

30〜34歳の0.8%

 

「部分入れ歯」を初めて装着し始めているようです。

 

40代になると義歯を使用している割合は

 

3割以上となり、人口でいうと約30万人と推測できます。

 

 

50代半ばから64歳までにかけては半数以上の方が

 

入れ歯を装着しているので

 

私が想像していたよりも早い段階で入れ歯を

 

使用している方が多いいようです。


30代、40代の入れ歯の原因

30代、40代の入れ歯の原因

ご老人になると、歯茎の衰えなどで

 

歯が抜けて入れ歯になるというイメージですが、

 

まだ、若い段階での歯の喪失の原因は何でしょうか?

 

  • 虫歯 (43%)
  • 歯周病 (42%)
  • その他・事故、怪我など(15%)

 

となります、虫歯や歯周病が大半の原因ですね。

 

 

入れ歯になるとそれに伴い

 

色々なトラブルも増えてきます。

 

ブリッジやインプラントとなるとメンテナンスがありますし

 

部分入れ歯になると

 

食事をすると、食べカスが

 

入れ歯の器具に付きやすくなってしまったり

 

食べ物を噛む作業にも違和感があります。

 

 

また、入れ歯により口臭が気になる人も増えるようです。

 

入れ歯のケアだけではなく、

 

入れ歯の違和感により食事の噛む回数が減っていると

 

胃腸に負担がかかり口臭が酷くなったり、

 

唾液の分泌が減ってくるので

 

さらなく、口臭、虫歯、歯周病のトラブルも増えてくるので

 

体内からのケアと、口腔内のケアを気にかけてくださいね。