入れ歯の臭いだけ改善しても臭いは消えないかも

その匂いは本当に入れ歯から?

入れ歯以外の臭い

 

入れ歯を入れてから口の臭いが気になり始めた

 

口臭を指摘されたんだけど、入れ歯が原因かしら?

 

など、臭いのお悩みはとても切実です。

 

 

特に、入れ歯は天然歯よりも汚れが

 

付きやすいので、臭いも発生しやすくなります。

 

 

入れ歯ケアするグッズとしては

 

  • 入れ歯洗浄剤
  • 入れ歯専用の歯ブラシ
  • 超音波洗浄機

 

などがあります。

 

入れ歯の毎日のケアと一緒に

 

  • 丁寧な歯磨き
  • 就寝時は外す
  • 歯科医院での定期的なチェック

 

日頃の歯磨きで見逃しがちなところは、

 

入れ歯の針金をつける歯の部分になります。

 

この、普通の歯に針金が付いている場所に

 

食べ残しなどが付着したままになると

 

臭いが発生してきます。

 

 

また、入れ歯のピンクの部分は

 

レジンでできているので傷がつきやすく

 

肉眼で見にくいため、知らない間に

 

細菌が入り込んで臭いを発生させている場合もあります。

 

 

また

 

入れ歯を普通の歯ブラシなどで磨いているようであれば

 

傷がつきやすくなるので気を付けてください。

 

入れ歯を磨くときは、入れ歯専用の歯ブラシを使用してくださいね。

 


入れ歯以外の原因

入れ歯以外の臭い

 

入れ歯のケアは問題なく出来ているのに、

 

お口の臭いが消えない場合は、

 

その他に原因があります。

 

 

  • 舌苔
  • 咀嚼の衰え
  • 口の乾燥
  • 便秘
  • 胃腸機能の衰え

 

口臭の原因の半数以上

 

舌の汚れ、舌苔といわれています。

 

 

舌のケアを今までしたことがなく

 

鏡でご自身の舌を見たときに

 

分厚く白い苔でおおわれている場合は

 

舌ブラシなどで舌のケアも試してください。

 

 

口の乾燥と咀嚼の衰えですが、

 

こちらは年齢とともに噛む力が衰えて

 

噛む回数が減ってくると

 

唾液の分泌が悪くなり

 

口腔内が乾燥した状態になります。

 

 

乾燥すると口の中にある細菌が活発化するので

 

臭いが発生してきます。

 

 

更に、年齢とともに唾液の分泌も悪くなりますので

 

より口腔内の環境が悪くなってしまいます。

 

 

便秘胃腸機能の衰えからくる口臭は

 

一般的にも知られていますが、

 

どうしても入れ歯をしていると

 

そちらばかりが原因かと疑ってしまい

 

見逃しがちなポイントとなります。

 

 

特に、50代以降から便秘になる方も増えてくる傾向があります。

 

もしお心当たりがある場合は

 

便秘対策も同時に行ってみてください。

 

 

胃腸や便秘が原因の場合は、食生活やサプリメントで

 

対策をされる方が多くおられますが、

 

ニオイの対策を出来るサプリメントありますので

 

こちらの、消臭サプリランキングを参考になさってくださいね。

 

  ↓   ↓   ↓

 

>>>エチケットサプリメントランキングTOP3