入れ歯が臭い?ブリッジが口臭の原因

ブリッジのトラブルとは

ブリッジの臭い

 

まるで、自分の歯のようによく噛めるブリッジ

 

使用感も悪くないので

 

義歯より良かったと思うかもしれません。

 

ですが、ブリッジも月日がたつと

 

色々とトラブルが起きてくるんですね。

 

その中の一つが口臭トラブルです。

 

 

とても使用感覚のよいブリッジなのですが、

 

その構造ゆえに

 

実は、汚れが蓄積しやすく

 

磨き残しが原因で

 

正しくケアを出来ていない状態が続くと

 

虫歯や、歯周病などのトラブルになりやすいという

 

弱点もあるのです。


ブリッジの臭い予防する方法

ブリッジの臭い

ブリッジの汚れた溜まりやすいポイントとしては

 

ダミーの歯と歯茎の間です。

 

もしかしたら、既に

 

「食事の度によく詰まってしまって取り除くのに苦労をしている」

 

という経験済みの方にいらっしゃると思います。

 

 

ですが、入れ歯のようにブリッジは取り外しが効かないので

 

自分の本来の歯のように慣れてくると違和感はありませんが

 

その分、汚れやすい、食べカスや歯石が溜まりやすいので

 

非常に注意が必要です。

 

 

設置している間に

 

若干の隙間があるだけでも(目には見えなくても)

 

毎日の食事のたびに何かしら細かい食べかすが

 

詰まってしま状態です。

 

ここを放っておくと

 

虫歯歯周病になってしまい

 

両隣の歯までに影響を与えることも少なくありません。

 

 

そして、そのカスから発生する臭いが口臭の原因に

 

なっている場合もあります。

 

 

【ブリッジの毎日のケア方法】

 

 

歯垢染色剤

 

 

まず第一は、自分の磨き残しの癖を知ることです。

 

毎日欠かさず歯を磨いていたとしても

 

100%磨き残しなし。などと言える人は

 

余りいません。

 

そこで歯垢染色剤を使用すると

 

磨き残しが赤く染まって一目瞭然となるので

 

こんなに、磨き残しがあったのか〜と実感できます 笑

 

多分、自分の歯磨きの癖が

 

わかると思うので、試してみると参考になると思います。

 

 

磨き残しがわかったら

 

歯と歯の間、ダミーの歯と歯茎の間なに

 

歯ブラシの毛先が入り込むようにやさしく

 

当てながらマッサージをするように動かすのがポイントです。

 

 

歯垢染色剤は一般に市販されているので

 

ドラックストアや、薬局で購入できます。

 

 

タフトブラシで細かく磨く

 

タフトブラシとは、歯を一本一本磨くための小さな歯ブラシで、

 

円柱状に毛がそろえられた細い歯ブラシです。

 

通常の歯ブラシとは違い毛先が小さくまとまり、

 

隙間や奥歯にも届きやすいくブリッジ部分の隙間にも

 

入りやすく設計されています。

 

始めて使用する場合は山切り型がおススメです。

 

 

歯間ブラシデンタルフロスを使用する

 

なんといっても連結部分に汚れが溜まると

 

両側の今ある歯にまで影響がでてしまします。

 

ブリッジは取り外しができないので

 

つけたものを取って洗い流すなどが出来ない状態です。

 

両側の歯も健康に保つために

 

デンタルフロスで汚れを取り除きましょう

 

 

 

毎日のこのようなケアで

 

ブリッジの清潔具合も格段にUPしてくると思いますが、

 

 

素人ではわかりにくい細かい部分もありますので

 

定期的に歯科医院でのチェックを受けてくださいね。

 

 

 

また、更に自分の臭いに関してのエチケット対策を

 

していきたい方が使用されているのは、

 

消臭サプリメントです。

 

体の中っから発生する口臭、加齢臭、体臭などの

 

元からアプローチをして入れ歯以外が原因で起こる

 

臭いも改善してくれます。

 

ご興味がある方は、こちらを確認してください。

 

  ↓    ↓    ↓
>>>エチケットサプリメントランキングTOP3