入れ歯の臭いのケアと一緒に口臭の対策をしてほしいある場所

口臭の原因の60%を占めるある場所とは?

口臭の原因

 

口臭の原因の約60%は口の中のある所にあります。

 

口臭の原因で思いつくのは

 

入れ歯を使用している方は

 

まず、入れ歯の臭い対策を行いますよね。

 

 

次にだいたいの方が

 

ブレスケアなどでで息をスッキリしたり

 

歯ブラシを新しいものに変えたり

 

歯みがき粉を別に購入してみたり。

 

歯医者にいって虫歯治療や歯周病予防と

 

色々試されているのではないでしょうか?

 

 

この前、私が歯医者に行った時も

 

年配の女性が口の中の臭いが気になるようで

 

歯周病はないか?虫歯なないか?と先生に

 

色々と確認をしておられました。

 

 

先生も、どちらも問題ないとおっしゃっていましたが

 

ご本人は、なんだか納得されていないご様子でした。

 

 

口の中のケアでも

 

歯科医院では対応してない場所があるんです。

 

 

そこが、口臭の原因の半数以上なんです・・・

 

 

その場所は、「」なんです。

 


舌苔を取り除かないと口臭は消えない

口臭の原因

 

実は、口臭の半数以上は

 

舌の汚れからくる臭いが原因と言われています。

 

 

鏡の前で舌をベーっと出してみてください。

 

綺麗なピンク色や

 

うっすら白いくらいであればOKです。

 

 

舌は汚れていません。

 

ですが、

 

舌の表面が黄色くなっていたり、

 

白い苔が分厚くついているようなら

 

それば、舌苔といわれる

 

口の中でできた細菌の塊、悪臭の元です。

 

 

この舌苔は

 

唾液を臭くする物質を多く作り出しています。

 

 

口の中で唾液と混ざり合う事で

 

臭いが蔓延し、

 

臭い息となって吐き出されてしまうのですね。

 

 

また、風邪などをひいたり

 

口の中が乾燥すると

 

この舌苔は出来やすく

 

一時的に増えたりします。

 

 

白い苔が分厚く舌にこびりついて

 

ひび割れているようであれば

 

口臭の原因の一つに舌苔の対策を入れてみてください。

 

舌苔のケアは

 

舌ブラシなどドラックストアなどで

 

販売されえいます。

 

 

舌専用のブラシで

 

かるくこするだけです。

 

 

簡単なので、毎日のケアにとりいれてみることも

 

おススメです。

 

 

ただ、舌は味覚の器官などがある

 

繊細な場所なので、

 

絶対に強くこすったり

 

1日に何回も行う事はしないでくださいね。

 

1日1回程度の手入れで十分です。

 

参考になさってくださいね。

 

 

もしかしたら、既に

 

舌苔のケアも、入れ歯の手入れもやっている!

 

 

毎日、入れ歯洗浄剤でケアしているけど、まだ臭いが気になる

 

という方もいらっしゃいますか?

 

 

 

その場合は臭いケアのアプローチがちょっと間違えているのかも

 

しれません。

 

体の中からでる臭いも元から消してしまうことが簡単にできるんです。

 

もしかしたら悩みが解消されるかもしれませんよ。

 

口臭、体臭、加齢臭に効果的なサプリメントのおススメ3つはこちら

 

>>>エチケットサプリメントランキングTOP3