入れ歯の臭いの原因は歯周病?歯茎の健康にあった

口臭の原因の歯周病

歯周病と口臭

口臭の原因で最初に疑うのは

 

虫歯、歯周病になっていないか?ですよね。

 

 

「静かなる病気」と言われている歯周病

 

初めは症状がないので

 

本人も気が付かない間に進行していく病気です。

 

 

気づいた時には

 

歯茎が衰えて、膿が溜まっている

 

何だか口の中が臭っている・・・

 

自分では臭いも慢性化して気が付かなくて

 

周囲の人からの指摘で初めて気が付くという

 

ケースもあるようです。

 

 

歯周病というと老化現象の一つとして

 

捉えられていますが、

 

実は、30代入ったころから

 

歯周病患者は増加するようです。


歯周病対策

歯周病と口臭

歯に歯石(プラーク)が増えてくると

 

歯茎に炎症が起きて

 

歯と、歯茎の間にある隙間

 

歯周ポケット)が広がります。

 

この状態は歯肉炎といって

 

歯周病の一歩手前です。

 

 

この時点で、歯医者などで定期的に

 

歯石を取ったり歯周病になっていないかなど

 

確認をする予防をしていれば安心です。

 

 

ですが、歯石をそのまま放置していくと

 

食べカスなどが入ったままになって

 

炎症が骨まで進行していきます。

 

 

そうなると歯茎からの出血や膿、膿が原因の口臭に繋がっていきます。

 

 

膿が出ているのが自分でわかるくらいになると

 

かなり重症です。

 

 

いずれは、骨が溶かされ歯がぐらついて抜け落ちてしまいます。

 

 

また、歯周病でなくても歯茎の衰えで歯茎が下がるという現象は

 

老化でも起こります。

 

 

年齢とともに歯茎が衰えてハリがなくなり

 

気が付くと歯の面積が広がって

 

歯が長くなってきます。

 

歯を支える歯茎は、歯を健康に保つために重要な役割

 

ありますので、日頃からケアをしてください。

 


歯茎の健康を考える

歯周病と口臭

 

歯茎は、毛細血管の集まりで

 

歯茎には40か所以上のツボがあります。

 

今まで、歯茎のツボを押したことがある方は

 

あまりいらしゃらないと思います。

 

歯茎のマッサージには

 

  • 歯茎の血行促進
  • 歯茎が引き締まる
  • 歯茎の下がりを予防する
  • 唾液の分泌が良くなる

 

唾液の分泌は非常によくなるので、

 

お口の中のトラブルの予防や

 

口臭予防にも繋がりますし

 

頬から、首や肩までの血行促進もされます。

 

 

私が初めて歯茎マッサージをしたときは

 

とても気持ちが良く感じて

 

歯茎のハリがすぐ良くなったのがわかりました。

 

 

私が行った歯茎マッサージはとても簡単です。

 

【歯茎マッサージやり方】

 

・歯を磨いて手を清潔にした状態で行う
・左手で上唇を持ち上げる
・上の前の歯茎から横までクルクル指で
 軽くマッサージをする
・これを5往復
・横の歯茎から奥まで同じようにマッサージ
・上の頬の内側に指を入れて外側へかるく押す
 (これが凄くツボに押された感じで気持ちが良いです)
・この作業を上下左右行う

 

全て、力を入れず優しくゆっくり、爪などで傷をつけないよう

 

気を付けて行ってくださいね。

 

ほうれいせんの改善リフトアップにも効果ありますよ。

 

 

口の中もスッキリして

 

お口の中のレベルも格段にUPします。

 

口臭対策もこんな風に楽しみながら健康的に行ってみてくださいね。

 

 

口臭や加齢臭対策をより効果的に

 

体の中から臭い対策が出来る消臭サプリメントのTOP3 はこちらから

 

消臭サプリメント人気ランキング